←社外活動報告アーカイブに戻る
第四回供米田(くまいでん)学区地域防災大会を実施しました。

 山田組が企画して運営のお手伝いをする地域防災大会も今年で四回目を迎えました。
 今年のメインタイトルは「地域防災文化祭」。
 「災害に強いまちは、地域のきずなが強いまち」を合言葉にして、地元の名古屋市中川区戸田・豊治(とよはる)両地域の伝統文化や供米田中学生の活動を紹介したほか、災害弱者になる恐れがある外国の方々や福祉作業所の皆さんとの交流も図りました。


 11月30日(日)朝9時からの大会には、早くから続々と地元の皆さんが集まり、最終的な参加者は約300人となりました。
 ボランティアで司会役を務めていただいたNHK名古屋放送局小宮山アナウンサーの軽妙な取り回しで、防災団体の出展ブースを巡るスタンプラーやステージ活動がにぎやかに繰り広げられました。地元からは「戸田まつり・からくり人形」と「尾張新次郎太鼓」が披露され、ちょっとした地域自慢の場ともなりました。



 楽しい中にも名古屋工業大学大学院・岡田先生による一口防災教室や4人の在名外国人の防災スピーチ、出展ブースでの体験交流など、訪れた皆さんの防災意識の向上につながる行事になったと思います。関係各位のご支援に感謝いたします。




 山田組では来年もまた、地域の皆さんに喜んでいただける防災イベントを企画・実施する予定です。