←社外活動報告アーカイブに戻る
「なごや環境大学」今年度第二回共育講座を開催しました。

平成20年6月21日土曜日の一日、当社の「なごや環境大学」今年度第二回共育講座を開催しました。
今回は当社社長が会長を務める社団法人名古屋建設業協会と合同開催としました。
当日集まった受講生は33名。一行はマイクロバスに乗り込んで、まずは尾張旭市の「愛知県防災教育センター」へ向かいました。
ここでは、冒頭、地震災害への備えを中心とした学習ビデオを鑑賞し、続いて参加者全員が地震体験をしました。

そのあと煙の中を非難する「煙道体験」、さらに倒壊家屋から被災者を救出する訓練もしました。最後に実際の炎を消火器で消す消火訓練を行い、実戦さながらの体験の数々に参加者一同「有益だった」と満足しつつバスに乗り込みました。

午後からは東邦ガス本社の研修施設を訪問し、ガス事業の概要を紹介する映像鑑賞に続いて、環境に配慮したさまざまな工法の紹介やマイコンメーターや地震計などの防災関連の体験型の展示を楽しみました。

最後に参加者を代表して災害ボランティアコーディネーターなごやの椿さんと東邦ガス供給センターの笠井所長によるディスカッションと参加者全員による意見交換会を開きました。
席上、「老人医療施設の災害時のガス復旧の優先度は?」といった突っ込んだ質問や「東邦ガスさんの防災への取組みを見聞きし安心した」といった感想が発せられました。
椿さんからは「これからどんどん災害ボランティア団体とガスさんの連携を深めていきたい」との要望に、笠井さんから「どうぞよろしく」との受諾のコメントも出て、終始なごやかな雰囲気の中で講座は進みました。